火災保険の有利な契約

火災保険を有利に契約する考え方をご紹介します。

1. 長期契約を利用する

  • 2021年1月に火災保険料の値上げが発表されています。最近の自然災害の状況では、更に保険料のUPは避けられないと思われます。
  • 保険料の安い商品を選んで契約すれば、更に有利です。

2. 火災保険の性能を上げる

自然災害に対しては、基本的に火災保険で備えることができます。台風や竜巻等の強風による損害、台風や豪雨等による洪水・高潮・土砂崩れによる損害、雷や大雪による損害は火災保険の基本補償で100%補償できます。地震・火山活動・津波による損害は条件にもよりますが、地震特約を付けることで補償することもできます。また、休業の補償もできますので、休業期間中の粗利(人件費等の固定費)を補償することもできます。

■火災保険の補償内容

一般的な火災保険の補償内容は以下のようになります。