労働災害・メンタルヘルス

従来の対応策の問題点

  • 病気を訴える本人への支援にばかり焦点があたってしまう。
  • 会社の部著としての生産性が低下してしまう。
  • 上司や同僚への過度な負担から不満が発生したり、ドミノ倒しになる。

以下のようなメリットの得やすい対応策をご提案します。

  • 職場でみる様々なメンタルヘルス不調を区別して考える必要がありません。
  • 上司の通常の労務管理で原則的に対応できます。
  • 「仕事ができているか否か」にフォーカスすることで、メンタルヘルス不調という「レッテル」への偏見を回避できます。
  • 休職と復職を繰り返す社員の管理・対応、復職判定におけるブレ、同僚への悪影響等が解消されます。
  • 会社の「安全配慮義務」がより果せることになります。