法人の場合、保険の目的は「予定した利益の確保」ということでしょう。会社の目的は、利益の確保・成長・社会貢献等、様々でしょう。ただ、目的が何であっても「利益」は目的または手段としては外せません。保険は予定した利益を確保する為の手段・コストと考えられます。

不側の出費が発生した場合、それをどう支払うのが会社にとって有益でしょうか?大きく分けて、自己資金、借り入れ、保険となります。

復旧に必要な資金

復旧に必要な費用

応急費用
  • 臨時の建物の敷金・家賃、改装費などの費用
  • 臨時の機械設備等のリース・レンタル費用、設置費用
  • 原材料等の仕入れにかかる割増費用
固定費
  • 人件費等
復旧費用
  • 建物:修理建て替え費用
  • 機械設備等:修理・買い換え費用

資金確保の手段

 特徴デメリット
自己資産すぐに使える
使い道が自由
大きな金額は無理
資産の減少
借り入れ手続きが必要で、時間がかかる
経営状態により条件・制約がある
要返済
負債増加
損害保険確実に受け取れる
支払が早く、資金の予定がたつ
契約した内容のみ
要保険料

借入と損害保険の比較

1億円の復旧費の場合(10年間)合計負担額
借り入れ元本1億円1億1100万円
利息10年間の利息合計1100万円(利率2%)
損害保険保険料100万円 / 年×10年1000万円
  • 復旧に必要な資金が確保できる為、取引先・銀行等にも高評価
  • 損害保険は融資等とは全く無関係に、経営状態にも関係なく資金を確保でき、簡単で即効性があります
  • 損害保険で復旧できれば、自己資金や借り入れは生産性の高い設備への投資や業務拡張等、前向きに使えます

一般的に、新しく作る場合以外、今あるものを元に戻す事や賠償する事は保険が有効でしょう。

事業活動で発生するリスク

中小企業を狙うサイバー攻撃の被害とその対策について考えます。

事業を継続するために、火災保険を有効利用する方法をご紹介します。

火山・地震の活動期とも言われています。地震等に対する補償を充実できるご案内です。

BCP・事業継続

サービスの詳細を書きます。

地震、津波、台風、洪水等に備える

サービスの詳細を書きます。

従業員

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

製品やサービスの提供リスク

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

業種によるページ

IT・電子製品製造

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

医療

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

建設

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

リスクグループ

リスク1

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。

リスク2

サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。サービスの詳細を書きます。